みずほ銀行カードローン審査 カード作らずお金を借りれる?

みずほ銀行カードローン審査 カード作らずお金を借りれる?

 

みずほ銀行カードローン情報をお伝えしていきます。

 

 

みずほ銀行カードローンはカード作らずお金借りれる?在籍確認でばれるか不安

 

みずほ銀行カードローンは、わが国の銀行のなかでもトップクラスで、その巨大さからメガバンクの異称もあるみずほ銀行が手がける個人向けのカードローンのことです。

 

ほかの銀行には見られないさまざまな特徴があることから広く利用されています。

 

みずほ銀行カードローンの申し込みはインターネットを経由すれば24時間いつでも好きなときにパソコンやスマートフォンを使って行うことができ、しかも来店せずに自宅からの手続きだけで完結させることも可能です。

 

使いみちも銀行ローンにはめずらしく自由となっており、利用限度額は最大で800万円までと大きめに設定されています。カードをコンビニエンスストアなどの出先で使用する場合にはATM時間外手数料は無料です。

 

このような利用者にとってのメリットが多いみずほ銀行カードローンですが、あらかじめみずほ銀行に普通預金口座を持っている人と、まだ口座を持っていない人とでは申し込みの手順や方法が異なります。

 

もしもこのカードローンのメリットを最大限に受けたい場合には、最初にみずほ銀行の口座を開設しておき、その次にカードローンのほうの申し込み手続きに入るのが賢いやり方です。

 

すでに口座を持っている人の場合には、手持ちのキャッシュカードにカードローンの機能を追加するしくみになっているため、別途カードローン専用のカードを作らずにお金を借りることができます。

 

この場合は自宅のパソコンまたはスマートフォンからみずほ銀行のカードローンの特設ページにアクセスして申し込みフォームに入力して送信すると、その内容にもとづく審査がただちに行われます。

 

審査の結果は電子メールで通知されますので、審査を通過した場合には必要書類をインターネット上から登録すると、その後にカードローン口座開設の連絡があります。これらの一連のプロセスが完了すればお金の借り入れが可能です。

 

必要書類には写真付きの運転免許証などの本人確認書類と源泉徴収票などの収入確認書類がありますが、いずれもスマートフォンなどのカメラ機能で撮影したものをインターネットを使ってアップロードすれば、別途郵送などをする手間がありません。

 

収入確認書類はすべての場合に提出が求められるわけではなく、通常は利用限度額が50万円を超える場合に限られています。ローン口座開設も申し込みをした時間帯にもよりますが、一般にはその当日中にスピーディーに行われています。

 

ここでポイントになってくるのが専用カードが必要ないことです。みずほ銀行の口座を持たない人もインターネットを通じた申し込みは可能ではあるものの、同意事項の確認や希望する利用限度額、本人情報の入力や本人確認書類のアップロードなどをした上での審査となりますので、口座をすでに開設している人よりも時間がかかります。

 

また正式申込書類の返送までに別途、普通預金口座の開設が必要となり、自宅に専用カードも郵便で送られてくるなど、プライバシーの確保や手間の多さなどからいっても、口座をすでに開設している人と比較するとデメリットになってくる点が見られます。やはり専用カードを作らずにスピーディーな借り入れができるようにするためには、最初にみずほ銀行に口座を開設しておくことが不可欠です。

 

気になるカードローンの審査ですが、やはりみずほ銀行カードローンの場合にも、在籍確認のための電話が職場などにかかってくることがあります。これはみずほ銀行に限らず、ほかの銀行でカードローンの申し込みをした場合にもほとんど避けては通れない部分です。

 

みずほ銀行のカードローンの場合には、信販会社の大手のオリエントコーポレーションが保証を引き受けていますので、実際にはオリエントコーポレーションからの電話になります。ただし信販会社として培ったこの分野での経験がありますので、やみくもに申し込みをした人の迷惑になるような在籍確認の方法はとらないのは救いといえます。

 

申し込み時間によってこの在籍確認の連絡が翌日または翌営業日以降になる場合もありますが、通常は当日中と考えてよいものです。その際には担当者の個人名で電話をかけるのが普通です。連絡がとれなかった場合には申し込みそのものがキャンセルになってしまうことがありますが、実際には会社の同僚などの他人が電話口に出た場合であっても、たまたま用事のために本人が不在であり、在籍している事実じたいは電話の内容から把握ができた場合には、それ以上の電話はかかってこないのが普通です。

 

逆に在籍確認の電話に出るのがおっくうで架空の電話番号を申し込みの際に申告してしまうことなどは、絶対に避けるべきといえます。このような事実はわかった場合には、当然ですがお金を貸す相手方としては信用に乏しいとみなされてしまいますので、今回の申し込みそのものが無効になるのはもちろん、以後の申し込みも受け付けてもらえなくなってしまう可能性があるためです。

 

 

 

過去の事故によっては借りるのが難しい事も

 

銀行というのは、過去の状況を重視している傾向があります。

 

過去に何か事故などが発生している方の場合、ちょっと借りるのが難しくなる事もあります。そしてみずほ銀行も、それは同様です。やはり何らかの事故などの見られると、ちょっと借りるのは難しくなります。

 

例えば減額手続きですね。過去に金融会社から借りていた方は、手数料の減額手続きなどをしている事があります。士業の方に相談をして、手数料の軽減手続きを行ったという方も中にはいらっしゃいますね。また破産などをした方などもいらっしゃいます。

 

そのような手続きを行っている方は、いわゆる事故の情報が登録されているのですね。数年間はその情報が記録されています。最長で20年ですね。

 

そして前述のようにみずほ銀行の場合は、過去の状況などは見ている訳です。ですので上記のような事故情報などが確認されると、やはりこの銀行から借りるのは難しくなるでしょう。

 

ちなみに金融業界では、そのような事故に関する情報を閲覧できるシステムがあるのです。そのシステムに情報が残っていて、みずほ銀行としてもそれを見る事ができる訳ですね。

 

ただし過払いの場合は話は別だと考えられます。あれは情報が登録されない事が多いからです。

 

主にATM機器を用いて借りる事になるみずほ銀行

 

カードローンの申込の手続きが完了した時には、借入れの手続きを行う事になります。その方法も、金融会社によって色々異なりますね。ATMという機器で借りる事ができる会社もあれば、振り込みのみに限定されている所など色々です。

 

ところでみずほ銀行の場合は、基本的には1種類のみになります。上記の機器の方ですね。

 

私たちが街を歩いていますと、たまにみずほ銀行という名前が入っているATMを見かける事があるでしょう。他の銀行のATMでも、みずほ銀行と提携している事がありますね。

 

そのようなATMならば、どこでもその銀行から借りる事ができます。もちろんコンビニなどに設置されている機器でも、みずほ銀行から借りる事ができます。

 

ただし機器によって、利用できる時間がちょっと異なってくるのです。まず銀行内に設置されている機器の場合は、ある程度時間が限定されてきます。

 

月曜などは、7時から24時に限られるのですね。ところがコンビニなどに設置されている機器の場合は、基本的には常時利用する事ができるです。もっとも土曜と日曜だけは、ちょっと例外なのですが。

 

その時間帯の利便性から、この銀行から借りようと考えている方は、やはりコンビニなどを利用している事が多いと考えられるでしょう。